<< 掲げる祝杯口移しの快楽 渇く嗤いも息も絶え絶えに main 「居場所が欲しいの この街の中 独りにしないで」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- - -
教室のドアがいつもよりも重かった 明日を見るのが怖くて
みんな合格内定していって

未来への準備を進めてる

道がはっきり見えた仔と、まだ霧がかかってる仔

僕は後者だけど。 笑

入試と、卒業まであとちょっとなのが本当に実感できる

あとガッコ行くのも14日なんだって・

マジで耳を疑いましたよ。

という事は入試までは本当に時間がないわけで

まだ霧がかかってるのにその霧を晴らそうともしない僕には

前は見えないよね

必死で腕を振って 霧を切って

その先に春が見えたら全速力で走ろうと思います

途中で転んでも其処で必死に頑張ればいい

少しずつ 霧で見えない未来への不安を消していきたいの

弱い、無力なこの腕で

春が楽しみすぎるんですもんハート


SOLILOQUY comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト


- - -
comment



この記事のトラックバックURL
http://tkrvanilla.jugem.jp/trackback/13
trackback